<   2018年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

イクラ・タワー  ご存知ですか?

てっぺんを支えるには広いすそ野が必要です。「富士の高嶺はすそ野による」この記事のままではないと思いますが、一つの命・存在を支えるのは、たとえるならこんな形で表せるのかもしれません。
c0185132_20271821.jpg

[PR]

by wakan55 | 2018-11-26 20:36  

川をゴミの運び屋にしてはいけません。

鮭のことは川のこと、と思っています。川はいろんな役割を果たしていますが、「三尺流れれば水清し」、といわれるほどに流れる川は浄化する能力を持っています。しかし、運ばれるものが自然に還元されるものでなければなりません。10万年たっても分解できないようなものは使ってはいけない、作ってはいけない、持ってはいけない、ということになると思います。
c0185132_20110133.jpg

[PR]

by wakan55 | 2018-11-22 20:16  

「川の日」の制定を

環境省では次年度において、湖沼、河川でのマイクロ・プラステックの調査を行う予算請求をしたとのことです。このプラステック性の地球汚染の問題はまさに地球規模で拡大している問題です。縦割りの仕組みでは解決どころか、実態の把握すら難しいと思います。命をつなぎ、命をはぐくむ河川の意義についは、まだまだ知らなければならないことがたくさc0185132_20023513.jpgんあると思います。写真の川には鮭が帰ってくる条件はそろっていると思うのですが、その形跡を見ることができ
c0185132_20022641.jpg
ません。考えなければと思っています。c0185132_20025565.jpgc0185132_20030545.jpg
[PR]

by wakan55 | 2018-11-19 14:00  

鮭についての常識?

小学校2年生の国語の教科書にも載っている内容です。今年はなぜ帰って来ないのか、が大問題になっているのですが、基本な疑問の立て方はどうして帰って来れるのだろう、と云う事だと思います。正直、アラスカ沖の太平洋で釧路川の匂いがするとは、そのままを理解するのは難しいと思います。沿岸まで戻ってきたときにはにおいが決定要因になっているのは確かなことだと思います。渡り鳥が持っているGPSを鮭が持っていてもいいのじゃないか。太平洋、と呼んでいる海には釧路の鮭専用の流れがある。多くは50メートルほどの深海を泳いでいる鮭が2時間に一回くらい水面まで上がってくるのは天体観測をしているのだ。迷子にならないのはどうしてなの?って本人に聞くのが一番です。教えてくれているのだろうけど鮭のボディーラングレージを聞き取ることができません。ところで、他の感覚能力はどんな力を持っているのかはあまり尋ねられていないよです。視力の程はどんなものでしょうか。魚眼といわれるくらいですから、視野は広いのでしょう。色別能力もかなり高いと思われます。
定置網はどんな色の糸を使って作られているのでしょうか?
c0185132_20401382.jpg





[PR]

by wakan55 | 2018-11-14 20:03  

帰ってきたぞ、2018秋

数「匹数」はだいたいシーズン初めの予想に近い数が返ってきたようです。しかし、3キロに満たない小型のものが多いとの報告が上がっています。育ち盛りの時にいるアリューシャン海域に餌が足りないのでしょうか?それとも、競争相手が多すぎるのでしょうか。いずれにしても命の繋がりは人間が認識している以上に繊細なものであるのだな、と思います。
c0185132_19492224.jpg

[PR]

by wakan55 | 2018-11-09 19:49  

シャチの運命、そして人間は。

c0185132_13445885.jpg
解説によると食物連鎖の頂点に立つ生き物としてシャチには多くの餌になった生き物が体内にためていた様々な栄養とともに非自然界のものも一緒に取り入れてしまう。結果より多くの毒物が大型生物ゆえに体内に蓄積され知らず知らずに蓄積してしまった毒物がいつか強い存在であるがゆえに自分の命を滅ぼしてしまうことになる、と云う事だ。
おそらく自然界においては死骸となったシャチは今度は他の生き物のえさとして循環することになるだろう。こうなるなら、食物連鎖の頂点に立つ、という表現には違和感を覚える。自然界においてはすべての命は循環性だから輪になるのであって、大きめな輪かもしれないがシャチの死は次の生命に伝わっていくことになる。この遮ってはいけない循環性を人間の営みが断絶してしまうことの影響を私たちはいつも考えていかなければならない時代に入っている。繋がりを絶たない仕事の仕方を作り出し続けなければならないのがこの生命界における人間の位置だろう。シャチでさえ、そうだ、まして人間においておや。

[PR]

by wakan55 | 2018-11-06 14:03