<   2017年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

春のお知らせ(釧路版)

ようやく春めいた日差しが注いできましたね。花見の情報が飛び交っているようですが、当釧路にあっては春の知らせは稚魚の放流ですよ。

今年も5月5日の子供の日に放流を行います。

『第33回釧路シャケの会放流式』
2017・5/5 
セレモニーの部は11時開始の予定です。
里親さんは稚魚を川の水にならさせるために早めにおいでいただくようにお願いします。
会場設営は9時には整っていると思いますので、10時から10時半までにおいでいただけれは稚魚にとっても幸いと思います。

再度の説明ですが、餌は3日の朝食で止めていただきたいと思います。
お腹の中に餌が残っていると運搬の途中の揺れで吐き戻す恐れがあります。
当日の釧路川の水温は5度から6度くらいだと思われます。3日の昼から氷を入れて10度から8度くらいに水温を調節してください。
運搬時は8度くらいが適温になります。なお、冷やし過ぎても気絶することがありますのでせいぜい6度を維持していただければと思います。

会場に着いたら受付をしてください。
そして川の水を入れて酸素の供給を受けてください。

会場のムーは駐車場がまだ空いていないことが考えられますので、ムーの建物に沿って港側の方に岸壁に進めるところから岸壁に駐車してください。

なお、天候が悪くても(雨、雪、風など)放流だけは実施したいと思いますので参加ください。
当日都合により参加できない方は事務局のほうに稚魚を持参してください。
会のほうで放流します。

確認事項がございましたら、事務局0154-42-4619にお問い合わせください。

それでは当日稚魚自慢をしましょう。
c0185132_1322689.jpg
c0185132_13222645.jpg
c0185132_13224390.jpgc0185132_13225942.jpg
もう何時でも出発できます。
[PR]

by wakan55 | 2017-04-28 13:23  

不順な天気にめげない稚魚

今日は4/23です。朝起きたら一面が雪に覆われていました。こういうことはないわけではないけど、4月の下旬になって積雪があるのはいささか違和感を感じます。水を掛けられた思いならず、雪を掛けられました。しかし、そんなことを気にしないで日々成長しているのが自然の命のリズムですね。
c0185132_1991922.jpg
c0185132_1993363.jpg
c0185132_1994836.jpg
c0185132_1910189.jpg

[PR]

by wakan55 | 2017-04-23 19:14  

空にタンチョウ、川にシャケに掲載する原稿を募集

放流の日も次第に近づいています。里親さん、興味、関心を持たれている方の当会発行の冊子に掲載する原稿を募集しています。字数に制限は設けませんのでぜひ印象などをお寄せください。
2017-4/19 日経新聞(北海道版)から
c0185132_2144414.jpg

農業にしても、漁業にしても自然を舞台にした産業であることは定義づけることができます。
農家の仕事、漁民の仕事を考えるときに自然の営みをプライオリティーに考えなければならないはずです。自然の仕組みに似合った判断をすべきでしょう。
[PR]

by wakan55 | 2017-04-19 21:09  

プロもいろいろ考えています。

北海道新聞より
c0185132_11325391.jpg

シャケの会が放流しているのは、幣舞橋のたもと、水質は汽水になっているはずです。記事にもありますように真水と海水が混じった水質ですね。この環境にはプランクトンも発生しやすいようです。
ただ、鮭の回帰数が少なくなっているのはどうしてなのか、の原因調査は結論を得ていないと思います。放流数が少ないのが原因とは考えにくいですよね。ここにも地球規模の気候変動が影響しているのではないでしょうか?3・11でゆすられて海流の道筋に変化が起こっていることも考えられます。改めて、なぜ鮭は母川に戻って来られるのか、という基本的な行動を理解するチャンスになるかもしれません。まずやれることをやってみることも大切な試みです。同時に原理的なところを解明することが後回しされないようにしなければなりませんよね。
[PR]

by wakan55 | 2017-04-13 11:44  

野性の生命力

食欲もよく、降ってくる餌を攻撃的に食いついています。写真をご覧ください。今年は18年ぶりに流氷が釧路の海岸に接岸しました。はるばるアムール川からやってきたものだと言われています。この流氷に鉄分が含まれていて、これを取り込むプランクトンが大量に発生していると思われます。今年は鮭の回帰も期待していいのではないでしょうか。風が吹くと桶屋が儲かる。流氷が来ると漁師が喜ぶ。
c0185132_20141536.jpg
c0185132_20145999.jpgc0185132_20152973.jpg
c0185132_20303076.jpg
c0185132_20304392.jpg
[PR]

by wakan55 | 2017-04-05 20:21  

これもあり。色んな知恵が文化化していくと思います。

c0185132_19511599.jpg

釧路では辻野正さんが鮭をはじめ湿原の生き物をクラフトに仕上げて子供たちに提供しています。千歳の鮭のふるさと館に電話連絡をしてみたところ配布することはできません、と断られてしまいました。何とか手に入れたいものです。いい知恵があったら提供してもらえませんか。
c0185132_1957213.jpg
餌の食べ方も日々たくましさを増しています。
[PR]

by wakan55 | 2017-04-03 19:59