<   2014年 06月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

シャケの会のtシャツ

c0185132_204499.jpg

近日中 緊急発売 先着20名様 ほとんど寄付 ¥3000ー
[PR]

by wakan55 | 2014-06-25 20:46  

30回目の挨拶 4

自然生態系でいうと他の生き物を大量に食べるクマ。クマが死んだら、そこで自分がエサとなって他の生き物に栄養を提供しているんです。
c0185132_13363978.jpg
なので、自然環境においてはある生き物の死は他の生き物の命です。これがやっぱり自然の中での命の繋がりとして、ひとつのサイクルを作っているわけですよね。では、人間はどうでしょう。自然を奪いっぱなしですよね。昔は人間も循環社会の中に参加していたんです。人間の排泄物を一年間発酵させると、匂いもなくなり純粋な栄養物となります。それを畑にまいて野菜を育てる。これは自然の循環に参加しています。でも、戦後からは化学肥料を使うようになってきましたよね。これは、循環サイクルを断ち切ること。
c0185132_13364965.jpg
ご飯を食べるときに私達は「いただきます」という言葉を使います。「いただきます」というのは、「魚さんや豚さん、あなたの命をいただきます」ということ。その言葉は、自然と自分の生きていることの繋がりを象徴する重要な言葉です。食べるのは他の生命。他の生命との繋がりというものを「いただきます」という言葉で確認しながら食べているはずなんですが「いただきます」という言葉の意味が消えてしまっている、単に合図みたいなことになっている。日本の文化として海外に広めていく必要があるのが「いただきます」に象徴される命の繋がり。自然のものをいただいているわけだから、当然自然に恩返ししなければいけない。自分が健康であるためには健康な命をいただかなければならないし、健康な命を育むためには健康な環境を作らなければいけない。人間が無尽蔵にあると思っていた自然は、実は循環しているから無尽蔵に見えたけど循環の環を断ち切るような生き方をしていれば、それはたちまちに滅んでしまう。釧路川にシャケが戻っていると、自然の循環も戻ってくる。そういう方法でこれからの100年を考えていけば、釧路は世界的に魅力的な街になるのではないでしょうか。
c0185132_13375063.jpg

[PR]

by wakan55 | 2014-06-09 13:39