<   2014年 03月 ( 10 )   > この月の画像一覧

 

また、雪が降りましたねぇー(水に気をつけましょう)

水の量に比べて魚が多すぎるようであれば水の汚れが早くなります。
お手数でも汚れる前に水を交換していってください。水1リットルに1匹が飼い易い数です。
c0185132_13521252.jpg

浄化装置が底置き式(ポコポコ)のものですと頻繁にフィルターの洗いが必要になります。天井式の浄化装置を、
ご使用の場合でも汚れが目に見えるようになったら水道で流し洗いをしてください。
c0185132_13522792.jpg

[PR]

by wakan55 | 2014-03-31 13:52  

育ち具合

何事にも動じることなく日々成長しています。
c0185132_1241380.jpg

上から見て、頭の部分がアタマデッカチになっているようでしたら、やせていると思われます。
頭の部分と体の幅が同じようであれば体型OKということです。
c0185132_1242820.jpg

水しぶきが立って水をかき混ぜているように見えるかもしれませんが、表面をたたいているだけで水をかき回してはいません。この泡立てていることを「バッキ」といって水に酸素を溶け込ませることをしています。
c0185132_1244398.jpg

[PR]

by wakan55 | 2014-03-28 12:13  

食欲 OK

喰い盛り
c0185132_1157945.jpg

食う、寝る、出す、生き物の3大原則を忠実に生きています。
c0185132_1157222.jpg

生息域(水の中)の住み心地が確かめられますね。
そういえば「丹頂」が尊いのではない。「丹頂」が住んでいられる釧路湿原が尊いのだ、という言葉が釧路から生まれています。
[PR]

by wakan55 | 2014-03-27 11:57  

栴檀は双葉より芳し

いい面構え。
尾びれを見てください。稚魚ながらそこらの養殖魚とはたくましさ、が違うように見えますよね。

c0185132_11474072.jpg
c0185132_11475861.jpg

c0185132_11514745.jpg

[PR]

by wakan55 | 2014-03-26 11:50  

いろいろな命

運命を生きています。
一腹(約2500粒)に2から3匹くらいこういう稚魚が生まれてきます。
c0185132_20244337.jpg

こういう目をしているものは只者ではないですね。
c0185132_20252950.jpg

c0185132_20262496.jpg

環境・ホルモンとかの問題ではないと思われます。孵化事業が始まった当初から報告されています。
[PR]

by wakan55 | 2014-03-25 20:27  

札幌もがんばっている。

遅れをとるな釧路
c0185132_12165128.jpg
c0185132_12171944.jpg

自分たちで育てる、ということに於いて釧路は先進地、といえます。真駒内にある(さけ科学館)は札幌市が運営している施設です。ちなみに(孵化場)という言葉は水産庁だけが使える名詞ということで国以外の施設はサケ科学館とかサーモン科学館となっています。いずれにしてもサケの力が地域に大きい影響を与えているのは、釧路のほうがはるかに恩恵をこうむっていると思います。自然と私たちを結びつけるシンボルとして釧路湿原の天然サケを誇りにしたいと思います。

今日の稚魚
c0185132_12262615.jpg

[PR]

by wakan55 | 2014-03-24 12:22  

名残雪、というには多すぎる。

c0185132_2095546.jpg
どうしても彼岸には雪(というより吹雪)をよこさないとお天道様は気が済まないようです。水道の雪解け水には気をつけましょう
c0185132_10472616.jpg

生まれたときにお母さんがつけてくれていたサイノウ(イクラ)も成長する体に吸収されてイクラの部分はほとんど見えなくなってきました。
c0185132_10475843.jpg
c0185132_10481567.jpg

餌を採り始めたらどうしても底に餌とか糞が残ります。昨日、イオン釧路店では水槽の底に敷いている石を取り除いていました。そうすることで、汚れの原因になるものを除去することになります。もちろん稚魚を傷つけないように気をつけています。
[PR]

by wakan55 | 2014-03-21 10:54  

食事作法も上手になりました。

釧路も雪解けが進み春の兆しが感じられるようになって来ましたね。
c0185132_10421489.jpg
c0185132_1043680.jpg

食べ盛り、とまではまだいっていませんが、それでもずいぶん食べるようになってきました。お約束の彼岸雪が降りました。水道の水はポリタンなどで一晩置き水にしたものを使うと安心です。
[PR]

by wakan55 | 2014-03-19 10:48  

今はこんな状態です。

こうなって、、
c0185132_140526.jpg
c0185132_1411231.jpg

こうなって
c0185132_1413337.jpg

こうなりました。
c0185132_1415061.jpg

今は少しつつ餌を摂り始めているところです。もう少ししたら、どんどん食べてどんどん大きくなるでしょう。
糞の掃除が始まります。
例年ですと、釧路特有の彼岸雪が来て水道水に雪解け水が入り始め、水道水には消毒のための薬品が多めに投入され始める頃です。この時期からバケツやポリタンで汲み置き水を保管してこれを使用するようにすれば安心ですね。
今年の気候変化はちょっと読みきれません。
[PR]

by wakan55 | 2014-03-07 14:10  

給食の開始、です。

お待たせいたしました。餌が着ました。
小瓶をお持ちの上事務所までおいでください。なるべく午前中のほうが対応しやすいのでよろしくお願いします。

まだ、稚魚のうちは強度の近視のようですので、目の前に届くように上げてください。
はじめの2・3日は餌をとる練習のつもりで少量つ゛つ上げてください。
一匹につき一日に耳かきひとつ程度を目安にしてもらえればいいでしょう。

上手に餌に向かっていけるようになったら、1匹あたり一日に稚魚の頭(エラ蓋から鼻先まで)くらいの量を一日に2回から3回に分けてあげてください。
全員がホバリングできるようになったら下に敷いてある石やビー玉は丁寧に取り省いたほうが糞や餌の残りがたまらなくていいと思います。
稚魚の段階ではスキンシップが必要ですから、石に体を寄せている間は石はそのままのほうが安心しているようです。

疑問のことはお問い合わせください。みんなの知恵を共有しましょう。
[PR]

by wakan55 | 2014-03-03 14:18