<   2013年 06月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

 ビオ・トープ=国土草木悉皆成仏=共生

        ビオ・トープ=国土草木悉皆成仏=共生

いつの時代でも私たちは健康な、絆のある生活を希望してきたと思います。
振り返ってみると、古代では、自然の変化を神の意志と考え、神の怒りに触れないように生活し、祈っていたようです。力、武力により、近隣の食べ物や財産を略奪する強さが称えられた時代もありました。安定、安心を願う人々の気持ちを利用し、王の子は王になる、という柔軟性を欠き進歩を阻止する体制もありました。世界に進出し、各地の産物や資産を独占しようということも行われてきました。私たちの歴史はいろんな価値観、主義、主張を経験しました。それは其の時点、其の場所で有効性を発揮できたものと思われます。
c0185132_21334828.jpg

一方、変化を止めない歴史の中では、その有効性だけでは永遠に対応できることはないのが事実でしょう。ひとつの原則だけを時代に押し付けるとストレスが生じることになると考えられます。歴史は常に自分を生み出したものが、次の時代にはストレッサーになってしまうことを示しています。しかし、このことを自覚するのは難しいようです。
c0185132_2137671.jpg

 20世紀は侵略・進出・支配がくり返され、争いの世紀でした。同時に裏文化として刹那的な喜びが提供されました。でもそれは病的な側面も併せ持ったようです。
私たちは随分反省する経験を経て来ました。だとすれば21世紀にどんな時代を期待するかを考える時、奪い合いとは違う関係を作り出すことが大切になるでしょう。  その関係とは共生に他ならないと思います。ある生き物が死ぬという事は、他の生物の誕生や繁殖に貢献していることになります。ビオ・トープと云う考え方、国土草木悉皆成仏と云う考え方は、洋の東西を問わず一切の生き物は繋がっていると云う考え方です。

考えはグローバルに、行動は足元から、というのが私たちの活動の基本になります。
c0185132_21465870.jpg

昨年(H24)の11月20日に新釧路川の河口から10㎞程上流にある「さけ・ます増殖事業協会」が運営している捕獲場に行ってみました。その日は24年度の採捕事業の最終日になるので、秋サケの回帰数等、情況を聞きたいと出掛けた訳です。  新聞等では回帰率は前年比で相当悪い30%減だと報じられていました。 
捕獲場に着いて〝これは、これは〟と驚いた。  場所は釧路湿原の中だから水が多い事はそうなのだけど、普段ならば車を乗り入れる事が出来る設備なのに、通じる道路が冠水していました。捕獲場の施設ももちろん水浸しになっていて、捕獲場で働いているはずの人影も見えません。
 2011年の11月に〝子供さかな博士養成講座〟の一巻として、鶴居にあるふ化場に30名程で見学に行きました。  この年は5月から続いた長雨のせいで 、新釧路川は水かさが増しウライの設置作業は危険が伴う、ということで、見送られていました。 ウライと云うのは川の中に鉄製のクシのようなものを沈め、鮭がのぼれないようにする、遡上阻止物です。これを雪裡川と新釧路川の合流点に設置しています。
回帰し、遡上して来る鮭をそれ以上の上流にのぼらせないようにし、ウライの所でたまった鮭を巻き網ですくい取って、増殖用に採卵するのです。  
c0185132_2157276.jpg

鶴居のふ化場は、この雪裡川の枝川のアシベツ川にあります。  毎年1,500万匹程の稚魚が、生まれたふ化場を後にし、アシベツ川、雪裡川、新釧路川、太平洋と成長の旅へと出発します。多くは4年後にこの川に回帰して来る習性を持ちます。
2011年は釧路川をのぼりたい鮭は、そのまま標茶、弟子屈、川湯に行けたはずです。 ところが、自分のふる里の嗅いを忘れていない鮭は、新釧路川を左折し、雪裡川に入って、雪裡川からアシベツ川を遡って行きました。そこには自分達が生まれ、半年ほどをすごした鶴居ふ化場があるのです。  何故、シグナルもない交差点を、確実に曲がって行けるのでしょうか。まっすぐに上流に行く方が簡単そうに思えるけれど、鮭の力、自然の力に改めて畏れ入る次第です。  故郷に回帰する鮭に備わっている自然の仕組・システムを考えてみると不思議と神秘を感じます。やはりそこには「種」として生き残り、繁殖を意図する生物の掟が働いているのでしょう。
c0185132_21414515.jpg

釧路湿原が1987年に国立公園に制定されたのは、湿原と云うエリアで食物連鎖が完成していると認められたからです。  しかし、本来あるべき鮭の自然産卵がありません。鮭(特に白鮭)は産卵の後、オスもメスも生命の役割を一端終わります。その骸を他の生き物に提供します。鳥に、魚に、微生物に、植物にも栄養素を提供するのです。  3~5年後の長旅の果てに母川に回帰する循環性を持つ遡河性の魚のみならず全ての生き物(トラ・象・クジラ・熊・ミミズ等等)はこの循環性の中に存在しているのです。  自然豊かと云われている釧路湿原にこの循環性を再現しなければなりません。再現の妨げているのが閉門されている「岩保木水門」です。この門を開放し、市民が育てた鮭が湿原で自然を再生することに貢献できれば、生命のため、人の生活のための共生が地に足が着いた所で実現することになります。釧路の街の真ん中の川に流れが甦ります。
c0185132_21433018.jpg

長寿国ならずとも健康は大切な人生の要因であることは共通のことです。健康は自分と環境の相互作用で実現してくることは言わずもがなのことでしょう。  21世紀に世界のモデルとして、未来に誇れる土地として、釧路市民の名の元に釧路川の再生、生命の連鎖の再生を実現しようではありませんか。
丸い地球のなかに健康都市「釧路」 ヒューマンランド「ホッカイドー」。 一匹の稚魚を育てることから始まります。 
[PR]

by wakan55 | 2013-06-29 21:57  

ジャンプ・アップ・サーモン

こういう光景は人間の根幹を躍躍と刺激しますね。これをわが町の真ん中で見たいと思います。
ましてや今、目の前で飛び跳ねている魚は4年前自分が育てた生き物だと思えば命に対する見方は誰に教わらなくても心に染み込むと思います。
c0185132_8555550.jpg


c0185132_123760.jpg

[PR]

by wakan55 | 2013-06-27 08:57  

自然の見方 3つの角度

いづれも6/25日付の北海道新聞の釧路版(同一紙面)に掲載されていたものです。
方や育て、方や退治、方や眺める。さてさていかが考えるべきか・・・?
c0185132_1425470.jpg
c0185132_14253240.jpg
c0185132_14255344.jpg

[PR]

by wakan55 | 2013-06-25 14:25  

山の上水族館

魚はどんな環境で生きていられるのか・・・??
c0185132_1291510.jpg

c0185132_12245683.jpg

c0185132_1210238.jpg

生きとし生けるものはどんな環境に包まれて生きられているのか、がわかる生き物館、水族館がほしいですよね。
[PR]

by wakan55 | 2013-06-24 12:10  

食い物、役割だけでなく存在そのものが繋がりの中にある

c0185132_1961421.jpg
c0185132_1963736.jpg
c0185132_1971992.jpg

開拓時代には資源は無尽蔵に見えていた報告がたくさんある。人の欲望は慎むべき物ではなく、どんどん、バンバン広げることに意義があると思われていたようだ。隣の焚き火が煙たいことになってしまったのでは焚き火のそもそもを計画調整する知恵が必要だ。網は魚の進行を溜め込むから採用されている。場所を少々移して延縄に切り替えるのはいかがな物だろう。食い物がなくなれば生息する基本条件が消えてしまう。近頃の定置網は箱型になっているから網に入り込んだアザラシは呼吸のために海面に顔を出すことが出来なくて、窒息死している。
[PR]

by wakan55 | 2013-06-23 19:06  

                願い事   叶います。

c0185132_11234362.jpgc0185132_11242182.jpg
c0185132_11244244.jpg
c0185132_11251440.jpg
c0185132_12133242.jpg

[PR]

by wakan55 | 2013-06-20 11:26  

迷子か、誘拐か、鮭を探せ。

c0185132_20151123.jpg

川の上流で誕生し、川を下っていくまでは道筋は決まっているので追跡しやすいとは思えるけど、海の何処を進んでいるのかを判断するのはとてつもなく偶然を頼りにするしかないところから始めたんでしょうね。
長年の探査作業で稚魚の道筋をおおよその範囲で見つけることに成功したようです。でも海域にはたくさんの日本の漁船がたくさん出ているのだから、そう云う漁船からの協力をもらうようにしたら木目の細かい情報が豊富に入手できると思うのだけど。漁業の難しさはこの辺にもあるのでしょうか。
[PR]

by wakan55 | 2013-06-18 20:12  

素質か、環境か。人為か、環境か。

6/17 日本経済新聞
c0185132_1183461.jpg

歴史家も、経済学者も、実業家も、医師も、教育者も、すべての生きて、ものを食べている人が総動員で解決しなければならない21世紀のテーマです。供給の限界を突破できるのは循環だという考えが緻密になっていくことが期待されます。一方では、人間そのものの成長も環境によるところが影響大なのか、素質によるところを越えていくことは不可能なことなのかは今も両面から考察されているところだと思います。
[PR]

by wakan55 | 2013-06-17 11:08  

川は伝える。

6/16 川のほとりを散歩中、浮かんでいる物を2つ見つけました。ひとつは7万トンというバミューダ船籍(赤地にユニオンジャックの国旗)のサン・プリンセスという巨大な客船。早朝6時に入港して夕方6時には釧路を離れて次の目的地に行く日程になっているそうです。下の写真で写そうとしたのは真ん中辺に写っている黒い物。塘路湖ではたくさん繁っているベカンベ(菱の実)です。それがなぜ釧路川の河口(クスリ橋付近)で漂っていたのか、なぞです。釧路川上流にベカンベができるところがあるのでしょうか。
c0185132_19392546.jpg
c0185132_19394529.jpg

[PR]

by wakan55 | 2013-06-16 19:39  

見るは人間、相手は自然。実は切り離せない一体のものである。

6/15 朝日新聞
c0185132_21332233.jpg

自然が織り成す情景に直線になるものは無い、山でも平野でも。川も勿論だ。蛇行しているにはそれぞれの地形が要求する形状に沿ったので蛇行という形になったと考えられる。茅沼付近は自然豊かなところだ。ここに農地作成のため土地を乾燥化させようとかどうを直線化したわけだがふさわしくないことに気がついた国が残っていた蛇行に水を流すようにした。
其の考えは妥当な物だと思う。で、あれば市内に流れている釧路川の蛇行部分も流れを再生させるのが自然の理にかなっていることになるのは今さら議論を待たないと思う。人間の都合だけで考えるのではなく、川の中に生きている生き物、其の周辺に生息している鳥や植物にとってもいい環境を提供するのが自然を大事にすることになるはずであろう。人間という生き物も一緒に生きられるに違いない。
6/15 北海道新聞
c0185132_21344111.jpg
c0185132_2135110.jpg
c0185132_21412467.jpg

[PR]

by wakan55 | 2013-06-15 21:33