<   2013年 04月 ( 17 )   > この月の画像一覧

 

春のシャケ通信 番外編

5/2 釧新
c0185132_20292730.jpg

4/26 釧新                 
c0185132_2049033.jpg
                
4/27 道新
c0185132_20512930.jpg
      
[#IMAGE|c0185132_20343049.jpg|201304/28/32/|mid|500|706  
4/26 道新
c0185132_2037532.jpg

4/27 道新
c0185132_202921.jpg

4/27 道新
c0185132_1045426.jpg

[PR]

by wakan55 | 2013-04-28 20:29  

5/5のスケジュール

4月も過ぎようとして、放流式の5/5が近ずいて来ました。
稚魚は元気にしていることと思います。

当日のプログラムのお知らせです。
放流式の準備を手伝ってもらえる方は7時から事務所にて搬出作業開始、
8時半ころから現地設営作業開始、の予定です。
よろしくお願いします。

里親さんは10時までにエッグ前エプロンに稚魚を搬入してください。
受付に来たことを知らせてください。
バケツ・ポリタンクに6℃くらいの水を入れてください。
距離的に時間が掛かる所からお出での人は、バケツとは別に大きめのペットボトルに半分くらい水を入れて、稚魚が浮かんできて水面でパクパクし始めたら、バシャバシャとボトルを振って酸素を含ませた水を足してください。

5/3に餌をあげるのが最後の餌やりになります。5/4・5は餌はあげないでください。
5/3から水温を10℃以下に下げてください。今年の川の水温は5℃くらいなのでショックを受けないためです。
おなかをすかせているほうが、川に入ってからの行動が俊敏になります。
それに運んでいる最中にどうしても揺れますが、車酔いの防止になります。

11時からセレモニーの予定です。

なお、都合で当日参加できなくなった人は事前に事務所のほうに稚魚を持参してください。一緒に放流します。
疑問の点については折り返し連絡してください。
                           http://shakenokai.exblog.jp/ 釧路シャケの会  


[PR]

by wakan55 | 2013-04-26 21:25  

シシャモも川を上る

c0185132_2016342.jpg

漁業者は地元経済のため、また資源確保のために努力しています。
筑波にある国立環境研究所の人の意見として下の写真にあるウライが鮭だけでなく、シシャモの遡上の障害物になっている。期間、時間を決めてシシャモの自然産卵のためにもウライをあけることを考えたほうがいい、といっていました。

c0185132_20212437.jpg
[PR]

by wakan55 | 2013-04-25 20:16  

信濃川の川守

昭和39年に施行された(河川法改正)によって信濃川は旧信濃川に名称を変更されました。新釧路川と同じように人工河川のショート・カットされた関谷水道が信濃川になり、新潟県人の誇りであった日本一の長さを利根川に譲ってしまいました。
しかし、それから3年後には猛烈な運動で名称を取り戻し、日本一の信濃川を取り戻すことが出来ました。釧路川もついこの間まで(旧釧路川)だったのですが、地元市民の熱意により平成13年に本来の釧路川に戻すことが出来ました。
鮭の回帰が見られなくなっていることでは同じですが、釧路川は1級河川でもダムや堰のない日本でただひとつの川ですから、岩保木の水門を開放すれば鮭は其の年から回帰できるのです。こっちは釧路が先鞭をつけたいものです。

c0185132_20221779.jpg

[PR]

by wakan55 | 2013-04-23 20:22  

この子は何処の子・・・?

トキシラズのふるさとは?この子は何処の子なの・・・?と聞かれればお金でもらってきた子って、云いにくいですよね。私たちが住んでいる場所の産業は自然によって支えられていることはいうまでもありませんが、利用と破壊の境目を未来の人の分も含めて考えなければなりません。
やはり、みんな自然の子、地球の子、って素直に言えることがいいと思いますよね。この記事に付いての根拠を知りたい方はぜひ3/21分のブログをお読み戴きたいと思います。

4/19 4/21の道新に掲載された物です。
c0185132_1235156.jpg

c0185132_1231827.jpg

[PR]

by wakan55 | 2013-04-22 12:10  

ここまで調べるのか!!

4/19付けの朝日新聞からです。
c0185132_2173330.jpg

昔はそれぞれの河川で背びれをきったり、あぶらびれを切ったりして何処の孵化場の出身の魚であるかを区別していました。ところが稚魚、幼魚の段階で切るものだから其の部分が再生してしまって、当初の目的が分らなくなってしまうことになったようです。そこで耳石に目をつけて手間のかかる方法を実践していることになったようです。
[PR]

by wakan55 | 2013-04-20 21:08  

4月19日=419=しいく=飼育

4月19日=419=しいく=飼育=飼育の日
相当ひどい駄洒落じゃないですか・・・?
これは「日本動物園・水族館協会」が提唱している記念日です。生き物を育てましょう、という考えを普及するのに考えた愛すべき親父ギャグみたい。いずれにせよ人間の自然に対する罪滅ぼし、自然の理解に結び付けられればいい日になりますよね。

c0185132_11343744.jpg
c0185132_11354896.jpg
        ネコ柳 ふきのとうにも 春の雪
[PR]

by wakan55 | 2013-04-19 09:15  

ご支援の依頼です。よろしくお願いします。

成25年4月吉日
   第29回放流式冊子の広告協賛依頼
                             釧路シャケの会
                               会長  小杉 和寛
 
春寒の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。
さて昭和60年に第1回シャケの放流式を行って以来、当会の放流事業も昨年で28回目を数えることができました。ひとえにご理解いただいた各方面のお力添えに寄るものと感謝いたしております。
今年も5月5日子供の日に、幣舞橋の下流より放流式を挙行する予定です。例年のことながら1月より手塩にかけて育てて来た稚魚を自然に戻す事は感慨深いものがあります。里親の目標の100件には届いておりませんが、多くの学校、事業所、市民の方が参加してくれています。釧路シャケの会のテーマは、あらためて自然と向きなおすことにより、日々の生活の中で自然を考える事にあります。その第一歩が、釧路川を生きた川に戻すことだと考えています。この原点が解決されない限り釧路の未来を語ることができません。
今年の29回放流式に向けてご協賛の方お願い申し上げます。 
【振込先】釧路信用金庫 本店・普通 口座番号 0978014 釧路シャケの会          

                 領 収 書
                       平成 25 年  月  日
                様

                          円

       但 『釧路シャケの会』協賛金として上記正に領収いたしました。

                             釧路シャケの会 42-4619
                             釧路市材木町4丁目20番地
                               会長 小杉 和寛
               釧路シャケの会控え
        名前

        金額






  平成25年4月吉日

 『釧路シャケの会』応援団のお願い !
          ( 一口 1,000円  )
                              釧路シャケの会
                              会長  小杉 和寛
 
春寒の候、ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。
さて昭和60年に第1回シャケの放流式を行って以来、当会の放流事業も昨年で28回目を数えることができました。ひとえにご理解いただいた各位のお力添えに寄るものと感謝いたしております。
今年も5月5日子供の日に、幣舞橋の下流より放流式を挙行する予定です。例年のことながら1月より手塩にかけて育てて来た稚魚を自然に戻す事は感慨深いものがあります。里親の目標100件には届きませんでしたが、多くの学校、事業所、市民の方が参加してくれています。釧路シャケの会のテーマは、あらためて自然と向きなおすことにより、日々の生活の中で自然を考える事にあります。その第一歩が、釧路川を生きた川に戻すことだと考えています。この原点が解決されない限り釧路の未来を語ることができません。
今年29回放流式に向けて、『釧路シャケの会』応援団を一口1,000円からお願いしています。
皆様のご協力を是非お願い申し上げます。
 【振込先】釧路信用金庫 本店・普通口座 口座番号 0978014 釧路シャケの会
                                         

                 領 収 書
                        平成25年  月  日
                様

                          円

       但 『釧路シャケの会』応援団費として上記正に領収いたしました。

                            釧路シャケの会 42-4619
                            釧路市材木町4丁目20番地
                                 会長 小杉 和寛

        
               釧路シャケの会控え
       

        名前
金額
坦当





[PR]

by wakan55 | 2013-04-17 21:15  

道新も孵化事業の行く末を心配している。

水位が高いことは明らかです。水位を下げるには岩保木水門を開放して水を分岐することもまた明らかです。下の写真は4/14の湿原の写真です。近頃は土手のすぐそばまで水が来ていることが多くなっています。人工増殖に頼っていた方法に加え、自然産卵出来る環境を確保し、日本の鮭の遺伝子を残す必要があると思います。今日、日本の中で鮭が自然産卵でき、相当の数量を確保できるのはこの釧路湿原だけです。1993年当地で開催された(ラムサール条約国際会議)で締結されたwais useの理念はこういう形で実現できると思います。
c0185132_207036.jpg

c0185132_20572711.jpg

[PR]

by wakan55 | 2013-04-16 20:07  

2013の春、鶴居を出発

4/14 北海道新聞一面の掲載
我が家の稚魚はこんなに大きくないぞ、と思われる里親さんが多いかと思いますが、この稚魚は9月に受精し、12月の初めには孵化したものです。私たちが育てている稚魚は12月に受精し、2月に孵化したものですから、発達に2ヶ月ほどの差があるのですね。
それにしてもいい目をしていますね。確信を持って未来を見定めている、と思います。

c0185132_1921267.jpg

まだ湿原の水温は5度前後、海水温は2度くらいということなので相当鍛えられた引き締まったシャケになるでしょう。
[PR]

by wakan55 | 2013-04-14 19:21