<   2012年 04月 ( 9 )   > この月の画像一覧

 

春の岩保木水門

c0185132_2012097.jpg
c0185132_200537.jpg
c0185132_2003257.jpg
5日の放流式を前に釧路歌人会のメムバーを岩保木水門に案内しました。
ようやく青めいてきた岩保木水門公園は快適な日和で、川には釣りを楽しんでいる人もいました。
歌人会の人には毎年放流式に参加していただいて〈歌〉を詠んでもらっています。今回はシャケの会の考えの背景を知っていただきたく、現地の案内になったわけです。シャケの会と歌人会が志を通じ合わせることで(故郷 釧路)の力を発揮できると期待できます。
一番下の写真は釧路川と新釧路川を遮断している仕切り板です。これを取り省くだけで両方の川が甦ります。ちなみに真ん中の写真が今の釧路川の最上流部になリます。
[PR]

by wakan55 | 2012-04-30 20:10  

28回の放流式の準備

いよいよ稚魚の旅立つ日が近づいてきました。いい天気になればいいですね。
もっとも、雨が降っても稚魚のために放流はします。
これまで28回の中で、吹雪、大雨、強風、晴天とあらゆる天気を経験してきました。
ムーのエッグが出来てからは天気には影響されなくなりましたが。

里親の皆さんには9時半までには会場(ムーのエッグ前エプロン)のほうに稚魚を全員持ってきていただきたいと思います。
5/3までは普通に餌を与えてください。4日から放流する5日まで餌はあげないでください。
おなかがすいていると川に出てすぐにプランクトンを探します。
家から会場までの移送の時にどうしても水が揺れますので、おなかの中に餌が入っていると吐き出す心配があります。

3日から水槽に多めに氷を入れて8度程度にしてください。当日の釧路川の水温は5度程度と思われます。
家での水温が高いと温度差でショックを起こします。気を失ってひっくり返って白いおなかを見せるとカモメが採りに来ます。
ただしあんまり冷やしすぎるとその冷たさで気絶することもあります。


運ぶ時はふたつきのバケツ、ポリタンクが便利です。早く来ていただくのは川の水に慣らすためです。
会場に着いたら受付をして放流する順番を書いた番号札をもらってください。

飼育体験を俳句、短歌に作ってくれた人10名を〈渡し舟実行委員会〉のご好意により、みなと祭りやドンパクのときにでる渡し舟に招待します。
詳しくは2日(水)の朝10時からのFMくしろをお聞きください。
[PR]

by wakan55 | 2012-04-29 20:49  

フィルター大活躍

c0185132_11513050.jpg
c0185132_1151455.jpg

[PR]

by wakan55 | 2012-04-27 11:51  

いい感じ だ!

c0185132_11355262.jpg
c0185132_11344483.jpg

[PR]

by wakan55 | 2012-04-26 11:36  

食うぞぉー

c0185132_11173058.jpg
c0185132_1117916.jpg

食べ盛り、伸び盛り、待ってろよ横綱になってやる。
[PR]

by wakan55 | 2012-04-22 11:19  

原稿募集

稚魚の様子はいかがでしようか。
放流の日まであと3週間くらいになりました。

この度の里親体験を800~1200字程度にまとめてもらえませんか。
当会発行の「空に丹頂、川に鮭」に掲載したいと考えています。
時間がなくて恐縮ですが、来週の火曜日までにこのメールに返信して貰いたいと思います。
どうか、一言づつ印象をお寄せください。

[PR]

by wakan55 | 2012-04-13 21:30  

イエローレシートの応援に感謝

c0185132_21295725.jpg

どの市民グループも活動財源には苦労していると思います。
こういった応援は資金応援もありがたいと同時に支持を受けている、という思いが掛け替えのない応援になり、
誠に心強く感じるものです。
応援のほどをよろしくお願いします。


 





 第28回釧路シャケの会放流式
『釧路シャケの会』応援団のお願い !
                     釧路シャケの会  会長  小杉 和寛
拝啓
春寒の候、貴社ますますご繁栄のこととお喜び申し上げます。平素は格別のお引き立てを賜り、ありがたく厚く御礼申し上げます。
さて昭和60年に第一回シャケの放流式を行って以来、当会の放流事業も今年で28回目を迎えることができます。ひとえにご理解いただいた各方面の力添えに寄るものと感謝いたしております。
今回も5月5日子供の日に、幣舞橋の下流で挙行する予定です。例年のことながら1月より手塩にかけて育てて来た稚魚を自然に戻す事は感慨深いものがあります。里親の皆さんも例年になく多く参加してくれていますし、釧路シャケの会のテーマは、あらためて自然と向かいなおすことにより、日々の生活の中で自然を考える事にあります。その第一歩が、岩保木水門を開けて釧路川を生きた川に戻すことだと考えています。この原点が解決されない限り釧路の未来は語ることができません。
今年の放流式に向けて、『釧路シャケの会』応援団を一口1,000円からお願いしています。お名前は放流式の冊子に記載させていただき、資金はこれからの活動に活用させていただきます。釧路シャケの会では最大の力を振り絞って活動してゆくつもりでいます。皆様のご協力是非お願いいたします。                                    敬具

                 領 収 書
                        平成  年  月  日
                様

                          円

       但 『釧路シャケの会』応援団会費として上記正に領収いたしました。

                            釧路シャケの会事務局
                            釧路市材木町4丁目20番地
                                  0154-42-4619
        
               釧路シャケの会控え

前金

[PR]

by wakan55 | 2012-04-10 21:35  

どじょうと稚魚

c0185132_854469.jpg

朴 睦君の水槽風景です。なんと、稚魚とどじょうとウグイが共同生活を送っているとのこと。
みんな小さいので食べたり、食べられたりの心配はありません。
底にたまった餌の残りをどじょうが食べていると話しています。自然の環境の中ではそう云う行動は生じていることですね。

[PR]

by wakan55 | 2012-04-07 08:59  

FMくしろ on air

4/4 (水)の朝10時から「FMくしろ」76・1MHzに出演します。
稚魚の里親さんの現状と、釧路川の話をする予定です。

市外の方はパソコンでお聴きになれます。
http://www.fm946.com/img/simul_radio_bnr.gif

[PR]

by wakan55 | 2012-04-04 09:03