<   2011年 02月 ( 21 )   > この月の画像一覧

 

現状報告


c0185132_21431297.jpgあまりに動かない稚魚に、死んでるのか?という気持ちさえ浮かんできているようです。
今はこんなところです。この状態で体力を蓄えてあと2週間くらいは大人しくしていて、それからチョロチョロと泳ぐための準備体操をしていきます。
臍嚢と魚体?のつなぎ目の辺りから鱗が出てきます。体が透明の間は心臓の動きも見えます。
1分間にいくつの鼓動があるか、自分の脈拍と比べてみてはいかがでしょうか?

なんだか成長していないように見えますが、誕生したばかりの丸い時と比べると臍嚢が大分ヒョロ長くなっています。少しづつ動ける体形になってきているのですね。
[PR]

by wakan55 | 2011-02-25 21:43  

人を包む自然、お返しをしたい市民。

c0185132_10581983.jpg
c0185132_10573031.jpg

[PR]

by wakan55 | 2011-02-24 11:00  

かごの稚魚

c0185132_214717.jpg

                                          撮影  吉岡氏

このカットのbefore. afterを想像しましょう。
いろんな稚魚の写真がありますが、このカットは誰も記録していなかったと思います。
[PR]

by wakan55 | 2011-02-22 21:08  

居場所

c0185132_215249.jpg

我が家にきてから,3日ほどで全卵無事に孵化しました.
砂利を入れたらブログの書きこみあったようにじっとしていますね.
良く見ているとたまーに,ちょろちょろしますが,すぐに仲間の
ところにもぐりこんで行っております.水温は9~13,14℃.
どうしても日中は少し高めになるので,氷や雪を入れて少し下げてい
ます.入れた砂利は添付写真の通りですが,大きすぎますか?細かいのも
下に敷いた方がよいでしょうか?

石の大きさはちょうど良いようです。餌をとるようになると糞や餌の残りが石の間に挟まって腐敗の原因になります。その段階では石は丁寧に取り除いたほうが水の衛生管理にいい状態になります。このくらいの石がとり省きやすくて都合が良いです。砂はかえって残滓がこびりつくことになります。



--------------------------------------------------------------------------------
[PR]

by wakan55 | 2011-02-21 22:03  

餌の件ですが>

稚魚の飼育は順調に進んでいるようですね。

ところで餌の件ですが、臍嚢(イクラ)がついている間は餌はまだ必要ありません。
後一月くらいたって、グミのような部分が少なくなってくると泳ぐ練習を始めます。はじめは斜めに勢いで進みますが、すぐに疲れて底に落ちていきます。
上手になってくると水中で止まれるよう(ホバリング)になってきます。そうすると餌を取れるようになります。
鮭は肉食系の魚ですから金魚のえさ(植物系)では合いません。
会のほうでまとめて用意します。餌が必要になったらお知らせしますのでもう少々お待ちください。
[PR]

by wakan55 | 2011-02-21 21:38  

じぃーとしているのが今の仕事です。

孵出したあと稚魚は石に隠れるようにして、じぃーとしているかと思います。
自然界では伏流水といっていちど地面にもぐった水が再び沸きあがってくる場所に産卵します。
稚魚は流れに流されないようにするために下に下にもぐろうとする本能があります。
そのときに酸素を含んだ水が下から湧き上がってくることによって呼吸ができます。
ですから、この時期はあまり動かないほうが成長のためにも安全のためにも稚魚にとっては大切です。
臍嚢の部分が赤ければ死んではいませんので、突っついたり、刺激を与えて無理に動かしたりしないで成長していくのを見守っていることが大切だと思います。

[PR]

by wakan55 | 2011-02-20 20:28  

命の姿。

母鮭のお腹には約2300粒から2800粒の卵が入っている、といわれています。
自然産卵時にはそのうち何パーセントが受精に成功するかわかりませんが半分に満たないと考えられます。
人工授精が主流の今日では受精率は90パーセントを超えています。
その中には体形の面で普通ではない形で生まれる稚魚も一腹に付き2・3匹は現れます。
臍嚢から栄養を吸収している間は他の稚魚と同じように成長できます。
こういう命も含めて命だと思います。
[PR]

by wakan55 | 2011-02-18 21:24  

泡です。メレンゲです。

卵膜が溶けて泡沫になった姿です。
c0185132_20425693.jpg

c0185132_20433019.jpg

鳥の卵の殻はコンコンと固いものにぶつけて割った後は投げちゃいますよね。
孵出した後のシャケの卵の殻はどうなるのでしょう?湿原ではきっと微生物の餌になって始末されると思われます。
自然の営みの中ではごみにはならないのですね。でも人口養殖ではやはり人間が手を出してかたずけなければなりません。自然の仕組みってすごいですね。
この泡取りが里親の最初の仕事です。これが一段落すると後は餌をとるようになるまで、特に手間は掛かりません。

[PR]

by wakan55 | 2011-02-17 20:53  

そんなもんでしょうか?

質問

おはようございます.
昨晩もどったら,3匹ほどすでに孵化しておりました.
孵化後は死んだように水槽の下に横たわって,たまーに刺激に
応じて動き回ってます.そんなもんでしょうか?


返事
鮭は本能的に稚魚の段階では襲われないように石の間に隠れています。
この間は臍嚢(イクラ)の栄養を使って成長します。其処に隠れるのは本能で、動き回ると体力が運動のほうに使われて体作りのほうに回り難くなります。臍嚢を抱えている間はできるだけ静かにしてあげるのが良いでしょう。

コメント欄に次々に情報が寄せられています。ぜひご覧ください。
[PR]

by wakan55 | 2011-02-17 12:12  

どんどん生まれる稚魚

c0185132_21363824.jpg

多くの里親さんのところで次々に孵出しています。
それに伴い想定外の出来事が起きるかもしれません。そんなときはみんなの体験と知恵で解決したいと思います。困ったこと、びっくりしたこと、意外に思ったことなど情報を交換し合いましょう。

[PR]

by wakan55 | 2011-02-16 21:39