供給源 としての川を見てみました。

自然河川と人為河川の違いを体験しました。足下が危なく体を支えるステックは必需品です。水中ウオークは体力が必要です。
前回の続きとしてご覧いただきたいと思います。水エビ、島ドジョウ、イワナ、川真珠貝など様々な生き物が確認できました。
これでサケの姿が確認c0185132_11073748.jpg
c0185132_11074433.jpg
できれば、さすがここだ、といえるのですが。 今年もまたサケの回帰は芳しくないようです。一時的な現象とするにはちょっと長すぎるような気がします。今一度なぜ鮭たちは戻ってくることができるのか、を見直さなければならないようです。
2018・10/19(道新朝刊一面)
c0185132_13343916.jpg
c0185132_11072653.jpgc0185132_11071289.jpg

[PR]

by wakan55 | 2018-10-19 11:15  

<< 帰らない事情は何なんだ? 帰り道に滞りがあるのだろうか? >>