帰り道に滞りがあるのだろうか?

手作りの産卵床に4年前に旅立った稚魚が一人前になって帰ってきているはずだ、と思って釧路川水系に産卵の跡を探しています。10月14日は思ったほどに水温も低くはありませんでした。胴付きに救命胴衣では汗をかくくらいでした。3ヵ所を調べましたが、今回の調査では産卵を確認することはできませんでした。札幌の豊平川では9か所を確認したということなので、こっちは2か3は見つかるだろうと考えています。ところで「川の日」を設定することはまじめに考えなければならないと思います。日本の川でも関東の荒川で1トン当たり2~9のマイクロプラスチックが確認されたようです。陸上を起因とする汚染が海にまで達しているのはいみじくも川の生態に影響するダイナミック性を証明しています。本気で考え、行動しましょう。
c0185132_20160422.jpg
c0185132_20150300.jpg
c0185132_20143536.jpg
c0185132_20140364.jpg
c0185132_20134233.jpg
c0185132_20123126.jpg
c0185132_20112705.jpg

[PR]

by wakan55 | 2018-10-15 20:29  

<< 供給源 としての川を見てみました。 台風が゛多いよ。 >>