国立公園の縄張りはどこまでか?

2018-2/14(道新朝刊釧路版」
c0185132_11335179.jpg
c0185132_14124870.jpg
どっから、どこまでが国立公園なのか、定かではなかったので、教えてもらいました。(本)釧路川の右岸までが国立公園で川自体は指定区域からは外れているのですね。この空間の活かし方によってはいろんなことが考えられると思います。大概のカヌーツァーは岩保木水門でカヌーを挙げていますが、ここから、釧路川までカヌーを移動させたら、釧路の街の中「栄町、末広町」までカヌーツァーを楽しめますよ

岩保木水門までの釧路川の国立公園区域ですが、

〓~〓の区間は普通区域で河川(右岸)界
〓~〓の区間は普通区域で河川敷(含)界
〓から岩保木水門までは、第3種特別区域(黄緑)
岩保木水門から上流は、第1種特別区域(薄紫)



会議に参加してみました。(地域づくり小委員会)という組織をいかに立ち上げるか、ということばかりが提起され、テーマの地域づくりは具体化される会議ではなかった気がしています。26名出席ということになっていますが、民間人は私を含め3名でした。各組織の人ばかりで、議論にはならなかったですね。


[PR]

by wakan55 | 2018-02-15 11:41  

<< 鮭は何処に卵を産むのか? 鮭が帰って来ない >>