一人前への道ってお世話になることなのかな?

餌をとれるようになるまで育ってきたということは、エサが必要ということですね。今は人間が餌をやっていますが、自然の中では何を食べているのでしょうか。生き物が生きていくためには餌になるものがあること、身の安全を守る環境であることが必須条件です。まだ、氷が解けていない湿原では『ユスリカ』という蚊の幼虫(ボウフラ)が出てきています。稚魚が餌をとれるようになるタイミングで餌になるユスリカが羽化してくるのです。
c0185132_20322471.jpg
c0185132_20324734.jpg
c0185132_2033890.jpg
[PR]

by wakan55 | 2017-03-16 20:41  

<< お約束の彼岸雪 食べるということ >>