鮭の文化を切り開くか 標津の町

行政が営利の絡む事業をするのは難しいことのようです。
施設、特に水物の施設は傷みが早いようですし、運営も企画、経費の面で大変だろうと思います。
釧路でやるなら岩保木の水門から幣舞橋のところまでを水族圏として活用しましょう。経費倒れになることはさけられるでしょうし、波及効果は他の街では考えられないくらいに裾野の広がりを見ることが出来るでしょう。
街を歩いているだけで、自然が見に染み込んでくる仕組みを実現できるのは活かすべき特性です。
c0185132_21135752.jpg

[PR]

by wakan55 | 2013-06-07 21:12  

<< パンケトーにヒメマスを放流 魚道をみんなで作ったぞ、作るよ。 >>