今日の稚魚 全員浮上 しました。

c0185132_19495582.jpg
c0185132_19500359.jpg

c0185132_19500966.jpg
たなべさんちの稚魚c0185132_19521429.jpg

# by wakan55 | 2019-03-18 20:03  

これが稚魚だ。


c0185132_20323313.jpg

c0185132_20053866.jpg
c0185132_20055438.jpg
c0185132_20060620.jpg
c0185132_20062875.jpg

# by wakan55 | 2019-03-17 20:08  

へその緒をつけたままでも泳ぎます。

臍嚢「c0185132_20322342.jpgc0185132_20323313.jpgイクラ」は哺乳類でいうとへその緒ですよね。だからこのシーンは釧路でないとみられないと思います。c0185132_20320570.jpg

# by wakan55 | 2019-03-16 20:46  

泳ぐ鮭     (の稚魚)

c0185132_19351622.jpg
ピンぼけの写真を楽しんでもらえますか?水中写真です。水中カメラではないけど水中写真を撮りました。



c0185132_19350629.jpg

c0185132_19353902.jpg

c0185132_19352822.jpg


c0185132_19354501.jpg
c0185132_19361395.jpg

# by wakan55 | 2019-03-15 19:40  

魚らしくなるには、この体を生かすことなのデス。

c0185132_20100721.jpg
c0185132_20101363.jpg
まだエサに食いつく、程ではありませんが,目の前に来た餌には食いつきます。ところで全日本の物知りに問いかけます。左右に目が離れている魚は餌のあり場所をどうやって判断するのでしょうか?
人間の場合は両目とも正面に向いているので、その視差で奥行きを認識できるようです。さて、魚や鳥の奥行き知覚は?






c0185132_20100000.jpgc0185132_20094436.jpg

# by wakan55 | 2019-03-14 20:17  

魚が泳ぎ始めました。

c0185132_20401972.jpg
泳ぎ始めました。お食い初めも無事に済みました。これからが成長に向けての本番です。
c0185132_20403058.jpg
c0185132_20395245.jpgc0185132_20401009.jpgc0185132_20401972.jpgc0185132_20403058.jpg

# by wakan55 | 2019-03-11 20:45  

山紫水明を作る、飼育槽全景

今年の水槽の全容です。水槽の底から水圧により底の水を外部に押し出します。その水をエーハイム社製のろ過装置に誘導するわけですが、この装置に餌の残りやフンがたまることになるわけです。そうなると掃除が大ごとの仕事になりそうです。そこでこの手間を省略するのに水槽と、ろ過機の間に簡易ろ過装置を設置しました。ここにアルキメデスの原理が作用して、フイルターを簡単に取り換えることができる仕組みになっています。ろ過済みの水は水槽の上部に落とされきれいになった水が戻っていきます。そういういい環境の中で健やかに、賢く育つはずです。昔から「山紫水明のところ偉人育つ」といいますものね。魚も人間も生き物すべては同じじゃないでしょうか。この仕組みは特許はとっていませんので必要な人はぜひ参考にしてください。
c0185132_10181880.jpg
c0185132_10182499.jpgc0185132_10181155.jpgc0185132_10180281.jpgc0185132_10175609.jpgc0185132_10174799.jpgc0185132_10173260.jpgc0185132_10174116.jpgc0185132_10172651.jpgc0185132_10171842.jpg

# by wakan55 | 2019-03-03 10:21  

我が家の稚魚 2/28

ベテランすがのさんの稚魚です。これならもう少しで餌を採り始めると思われます。
c0185132_18164185.jpg

c0185132_18151136.jpgc0185132_18150581.jpgc0185132_18145905.jpg一番下の写真は分かりにくい絵になっていますが、水槽の底から水を出す湧水装置です。c0185132_18145325.jpg

# by wakan55 | 2019-02-28 18:19  

今日の稚魚2/27

寒の戻りっていうんですがね?それでも日々成長しています。どっから見ても立派な魚ですよね。こうして臍嚢の栄養で体作りをして、自立していくのでしょう。c0185132_10444561.jpgc0185132_10445107.jpgc0185132_10445721.jpgc0185132_10450254.jpg

# by wakan55 | 2019-02-27 10:48  

我が家の稚魚 ご覧ください。

c0185132_20180093.jpeg

里親さんの家ですくすくと育っています。皆さん、それぞれに工夫していますね。


c0185132_20072467.jpg
c0185132_20183274.jpgc0185132_20183877.jpgc0185132_20184390.jpg

# by wakan55 | 2019-02-25 20:22  

冬が去り始めたか?

少しずつ冬が後退していっているように見えます。釧路川源流部です。魚はおろか命の動きは感じられませんが、氷が解け、川面が見えてきました。今日は寒さが戻ってきて、水槽内の水温は6℃まで下がってきました。ほとんどの稚魚は背中を上に向けた、横にひっくり返っているポーズから魚にふさわしい姿勢をとるようになってきています。c0185132_19434835.jpgc0185132_19435536.jpgc0185132_19440256.jpgc0185132_19440908.jpgc0185132_19441501.jpgc0185132_19442285.jpgc0185132_19443462.jpgc0185132_19444290.jpg

# by wakan55 | 2019-02-24 19:51  

今日の稚魚2/22

また厚真で大きな地震がありました。今世紀の人類のテーマは国境の線引きではなく、自然との共生をいかに実現していくか、だと思います。稚魚は少しずつ体力をつけているようです。あと10日ほどで底離れして魚らしい泳ぎを見せ始めるものと思われます。
c0185132_11102380.jpg
c0185132_11101738.jpg
c0185132_11101029.jpg
c0185132_11100261.jpg


# by wakan55 | 2019-02-22 11:10  

水温む、と言っていいのか9℃の水温です。

稚魚にとっても待ちかねた春、だと思います。3℃とか4℃より9℃のほうが過ごしやすいでしょう。c0185132_10455148.jpgc0185132_10455890.jpgc0185132_10460437.jpgc0185132_10461070.jpg

# by wakan55 | 2019-02-21 10:48  

今日の稚魚 真冬日脱出2/20

非常に厳しい冬もようやく一段落してきたように思える今日の陽気です。c0185132_13420571.jpgc0185132_13421694.jpgc0185132_19212719.jpgc0185132_19213804.jpgc0185132_19214873.jpgc0185132_19215525.jpg

# by wakan55 | 2019-02-20 19:24  

今日の稚魚2/18

まだまだ泳げませんが、泳ぎにつながる動きを見せ始めたものも出てきました。水温は7度になりました。外気は1℃。

c0185132_13415455.jpg
c0185132_13414137.jpg
c0185132_13420571.jpgc0185132_13421694.jpg

# by wakan55 | 2019-02-18 13:46  

今日の稚魚 2/15・16

水温は5℃~5.5℃  ジィーとしていた稚魚も水槽の底をハイハイし始めています。0.6℃だけ真冬日を脱しました。
c0185132_20491320.jpg
c0185132_20491837.jpg

c0185132_20490702.jpgc0185132_20484830.jpgc0185132_20483912.jpg

# by wakan55 | 2019-02-16 20:52  

今日の稚魚2/14

今日も-16℃、水温は5℃。個体の個性は遺伝によるか、環境か。農林水産省と文科省と環境省はこのテーマで協議会を設立できるかな。この会議には出席したいものです。
c0185132_11173519.jpg
c0185132_11102140.jpgc0185132_11101453.jpg
c0185132_11100536.jpg

# by wakan55 | 2019-02-14 11:11  

今日の稚魚

水温は4.5℃ 心地よく水槽の底で時を招いているようです。15000の仲間たちとゆっくり育っています。c0185132_19455911.jpgc0185132_19454831.jpgc0185132_19461818.jpgc0185132_19462552.jpg

# by wakan55 | 2019-02-13 19:48  

今日の稚魚

水温は6℃、 とちょっと冷え離れしてきたようです。c0185132_11363428.jpgc0185132_11362717.jpgc0185132_11364271.jpg

# by wakan55 | 2019-02-12 11:38  

水槽をバージョンアップで今日の稚魚

3.5℃の水温の中、今日も順調に成長しています。水槽の天井からろ過水が落ちてきていますが、この網目がストーブに使う煙突の安全ネットと云う事に気が付く人はすごい。これまでは汲み上げた水を水面にぶつけていましたが、その水をろ過して落ちるようにしました。一層きれいな水になっています。c0185132_20064977.jpgc0185132_20064977.jpgc0185132_20064199.jpgc0185132_20063281.jpgc0185132_20062350.jpg

# by wakan55 | 2019-02-11 20:14  

今日の成長

孵出後2週間目、おかぁーさんが持たせてくれた弁当(臍嚢)人間はイクラと呼んでいますが、この栄養であとひと月は餌をとらなくても大丈夫です。殻を脱いだばかりのころは体は白くてイクラに木綿糸を乗せたようでしたが、今はだいぶ体が黒ずんできています。今日の水温は+3℃でした。c0185132_19531168.jpgc0185132_19530270.jpgc0185132_19525401.jpgc0185132_19524206.jpg

# by wakan55 | 2019-02-10 20:00  

ほぼ全員孵化をしました。2/10

事前の案内が早かったように思いますが、2/10の11時から釧路シャケの会の年次総会、1時から稚魚飼育の説明会を行います。ぜひご参集ください。
吊るし孵化籠に続き、孵化籠(孵化盆)も引き上げました。ほぼ全員孵出したと思われます。今水槽の底は濃いオレンジ色に染まっています。ことのほか冷え込む今年の冬ですが、こういう情景を見せてもらえることでいささか慰められます。
まだ、早いのですが餌が来ましたのでお知らせします。稚魚が水中でホバリング状態を保てるようになってから与えてください。泳ぎの練習から本格的に泳げるようになってからですね。c0185132_10101858.jpgc0185132_10101284.jpgc0185132_10101858.jpgc0185132_10102417.jpgc0185132_10095652.jpgc0185132_10094740.jpgc0185132_10093389.jpg

# by wakan55 | 2019-02-08 10:14  

春でもないけど衣替えしました。

吊るし孵化籠の試みは見事に成功しました。籠の中の卵は殻を残して稚魚になって水槽の底に身を潜めています。シャワーを浴びている袋には「納豆」が入っています。
納豆菌がいい働きをしてくれているようで、殻が解けて白濁していた水がきれいな透明を取り戻しています。
c0185132_15583172.jpg
c0185132_15582477.jpgc0185132_15580293.jpg

# by wakan55 | 2019-02-03 16:04  

35回目の呼びかけ(道新・釧新・FMくしろ)

c0185132_21063966.jpg
c0185132_21152091.jpg
c0185132_21160224.jpg



# by wakan55 | 2019-02-02 21:07  

サケ漁の伝統

c0185132_20271257.jpg
c0185132_20443600.jpg

c0185132_21011934.jpg
c0185132_20441440.jpg

# by wakan55 | 2019-02-01 20:29  

釧路の潜在力

c0185132_13505465.jpg

# by wakan55 | 2019-01-31 13:51  

周辺の話題

c0185132_21020414.jpgc0185132_20372912.jpg

# by wakan55 | 2019-01-30 20:39  

釧路川と豊平川の野生鮭情報

c0185132_09133488.jpg
c0185132_11291280.jpg
c0185132_11290391.jpg
c0185132_11291280.jpg
c0185132_11285239.jpgc0185132_11300095.jpg

# by wakan55 | 2019-01-29 09:14  

35回目の呼びかけ(飼育方法は右のバーナーをクリックしてください。)

c0185132_11143772.jpg
c0185132_11124365.jpg
国が今取り組まなければならないのは、基礎研究だろうに。昨年のノーベル医学賞受賞の本庶佑(ほんじょ・たすく)博士も日本における基礎研究の貧しさを嘆いておられた。サケはなぜ母川に戻ってくることができるのか、海流、水温、海底の地形の変化などなどテーマは山ほどある。資源レベルでの変化が問題になって今こそ、基礎調査さを丁寧に進めていくべき時だろう。手近なところでは鮭が帰ってくることのできる川の環境を再構成していくことから始めよう。海洋汚染の陸部起因に川がよくない影響を与えていることもちゃんと対応しなければならないのは、人為の社会的環境になっている。

# by wakan55 | 2019-01-18 09:20  

水槽から飼育設備に進化

いろいろ考えています。c0185132_12144343.jpg
c0185132_12145510.jpg
c0185132_12151847.jpgc0185132_12153789.jpg

# by wakan55 | 2019-01-17 12:18